ページの本文へ

猶予でなく宥恕!待ったなしの「改正電子帳簿保存法」に対応するためのプロセスとは

2022年1月に施行された「令和3年度改正電子帳簿保存法」。同法は、これまで紙で保存することが義務付けられていた国税関係帳簿書類を、電子化して保存するための条件を緩和したもので、「ペーパーレス化」を法律面からも後押しする制度となっている。企業側には法改正への対応によって、保管・運搬コストの削減や、経理業務の効率化、税制面での優遇といったメリットが期待できるだろう。しかし、そうした規制緩和が注目される一方で、厳格化されたものも存在する。それは「電子データで受け取った取引情報は紙で出力保存できない」という点だ。すでに自社の改正電子帳簿保存法への準備、対応は済んでいるだろうか。2021年12月に2年の宥恕期間を設ける発表がされたとはいえ、これは決して「猶予」ではない点に注意が必要であり、現段階でも電子取引情報をデータで保存する義務は発生していることを忘れてはならない。したがって、これまで電子取引情報を紙で保存してきた企業には、抜本的な変革が求められている。本稿では法改正のポイントと、それに対応する具体的なソリューションについて紹介する。

資料イメージ

この資料のお申し込みは下記よりお願いします

※フォーム入力後、Webブラウザーにダウンロードページが表示されますので、そちらより資料をダウンロードください。
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮ください。

(250文字程度)

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせの対応、お客さまへの商品情報のご提供、ご案内のために利用します。
また、当社はあらかじめお客さまの同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
本内容に同意していただける場合は「確認ページへ進む」ボタンをクリックして、確認ページへ進んでください。

・個人情報のご提供はご本人さまの任意ですが、ご提供されない場合は、お問い合わせに回答できない場合や、正確に回答できない場合があります。
・当フォームに関する個人情報の保護管理者:株式会社日立ソリューションズ西日本

なお、上記内容に同意していただけない場合には、本フォームを利用してのお問い合わせはできません。

当社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「株式会社日立ソリューションズ西日本 個人情報保護に関して新規ウィンドウを表示」をご覧ください。