ページの本文へ

受注業務や入出荷業務の簡素化とリアルタイムな在庫把握を実現する方法

この資料では、生産管理・販売管理において、下記3つの課題をHi-PerBT KIT3で解決する方法をご紹介しています。画面イメージを交えながら具体的な解決ポイントをご紹介しています。

3つの課題
1.様々な商習慣により、受注業務の簡素化が出来ない
2.日々の業務に追われ入出荷処理業務の簡素化ができない
3.リアルタイムに在庫が把握できない

主な目次
1.課題1「様々な商習慣により、受注業務の簡素化が出来ない」の詳細について
2.課題2「日々の業務に追われ入出荷処理業務の簡素化ができない」の詳細について
3.課題3「リアルタイムに在庫が把握できない」の詳細について
4.課題1から3を解決する7つのポイント
(ア)作業ミスの防止
・ワークフローを利用した受注入力、出荷処理
・ワークフロー承認
(イ)FAX連携による業務の効率化
・FAXと連携し、受信イメージをKIT3システム画面と連動
・KIT3から受注確認書などを自動FAX送信
(ウ)販売実績の迅速かつ確実な展開
・担当者、得意先毎に受注(売上)状況が照会可能
・販売実績等各種統計資料を自動実行し、帳票(PDFファイル)をメールにて配信
(エ)汎用データ活用による業務活用への浸透
(オ)ハンディ活用による入出荷/棚卸業務の効率化
・ハンディターミナルを活用した在庫の把握とミスの防止
・棚卸カードを廃止し、ハンディターミナルによる棚卸効率アップ
(カ)在庫管理精度の向上
・在庫表(紙)を廃止し基幹システム内で商品別在庫や受注残、 引当済在庫、入庫予定数が把握可能
・受注時に在庫引き当て、担当者による在庫仮押さえが可能
(キ)出荷状況の把握による配送問合品質の向上

資料イメージ

この資料のお申し込みは下記よりお願いします

※フォーム入力後、Webブラウザーにダウンロードページが表示されますので、そちらより資料をダウンロードください。
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮ください。

(250文字程度)

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせの対応、お客さまへの商品情報のご提供、ご案内のために利用します。
また、当社はあらかじめお客さまの同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
本内容に同意していただける場合は「確認ページへ進む」ボタンをクリックして、確認ページへ進んでください。

・個人情報のご提供はご本人さまの任意ですが、ご提供されない場合は、お問い合わせに回答できない場合や、正確に回答できない場合があります。
・当フォームに関する個人情報の保護管理者:株式会社日立ソリューションズ西日本

なお、上記内容に同意していただけない場合には、本フォームを利用してのお問い合わせはできません。

当社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「株式会社日立ソリューションズ西日本 個人情報保護に関して新規ウィンドウを表示」をご覧ください。