ページの本文へ

食品製造業が販売管理・生産管理システムを選定するときに比較すべき50の項目とその理由「比較表フォーマット」

この比較表では、食品製造業が販売管理・生産管理システムについて、他社との比較すべき項目を一覧にまとめています。
システム導入検討などにご利用いただけます。

比較項目としては下記のような項目を50項目リストアップしています。御社で見逃している項目などがあるかもしれませんので、ぜひ比較表フォーマットにご活用ください。

ご紹介している比較項目の例
・原料購入から製品出荷まで一連のトレーサビリティを確立するためのデータ収集ができるかどうか
・蓄積したロット情報を活用して、トレース調査を効率よくスピーディーに進められるか
・冷蔵、冷凍、常温等、原料から製品までシステムで温度帯管理ができるか
・不定貫による在庫ズレを防止・抑止する機能があるか
・洗浄方法の切り替えをシステムで把握できるか
・原料、設備の見える化ができるかどうか
・原材料の使用量や固定費の配賦、工程別の原価管理などができるかどうか
・原価管理からコスト改善に活かせる仕組みがあるかどうか?
・在庫の適正化を経験則に頼らない仕組みがあるかどうか
・得意先別のリベート(歩引き)管理ができるか

資料イメージ

 

この資料のお申し込みは下記よりお願いします

※フォーム入力後、Webブラウザーにダウンロードページが表示されますので、そちらより資料をダウンロードください。
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮ください。

(250文字程度)

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせの対応、お客さまへの商品情報のご提供、ご案内のために利用します。
また、当社はあらかじめお客さまの同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
本内容に同意していただける場合は「確認ページへ進む」ボタンをクリックして、確認ページへ進んでください。

・個人情報のご提供はご本人さまの任意ですが、ご提供されない場合は、お問い合わせに回答できない場合や、正確に回答できない場合があります。
・当フォームに関する個人情報の保護管理者:株式会社日立ソリューションズ西日本

なお、上記内容に同意していただけない場合には、本フォームを利用してのお問い合わせはできません。

当社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「株式会社日立ソリューションズ西日本 個人情報保護に関して新規ウィンドウを表示」をご覧ください。