ページの本文へ

中堅中小企業にも迫る2025年の崖、「レガシー脱却とDX」の最善シナリオとは?

経済産業省が警鐘を鳴らした「2025年の崖」は、レガシーな基幹システムを使っているすべての企業が直面している課題です。大手企業では、かなり対策も進んでいますが、多くの中堅中小企業にとっては、いまだ“手つかず”の状態ではないでしょうか。スクラッチで再構築する方法からERPパッケージに切り替える方法まで選択肢は多様ですが、自社にとっての最善策はどれなのか、迷っている企業は多いと思います。この資料では、その最善の手を考察しています。

主な目次
1.「2025年の崖」への対応が遅れる中堅中小企業とERPが抱える課題
2.ERPとスクラッチ開発の“いいとこ取り”をした販売管理・生産管理システム
3.何十年も使い続けたレガシーな基幹システムから脱却した2社の事例
(ア)酒類・食品の総合商社の事例
(イ)醤油・味噌を中心とする各種調味料、加工食品の製造・販売企業の事例
4.導入支援から開発・運用までの一貫した支援で、中堅中小企業のデジタル化を推進

資料イメージ

この資料のお申し込みは下記よりお願いします

※フォーム入力後、Webブラウザーにダウンロードページが表示されますので、そちらより資料をダウンロードください。
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮ください。

(250文字程度)

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせの対応、お客さまへの商品情報のご提供、ご案内のために利用します。
また、当社はあらかじめお客さまの同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
本内容に同意していただける場合は「確認ページへ進む」ボタンをクリックして、確認ページへ進んでください。

・個人情報のご提供はご本人さまの任意ですが、ご提供されない場合は、お問い合わせに回答できない場合や、正確に回答できない場合があります。
・当フォームに関する個人情報の保護管理者:株式会社日立ソリューションズ西日本

なお、上記内容に同意していただけない場合には、本フォームを利用してのお問い合わせはできません。

当社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「株式会社日立ソリューションズ西日本 個人情報保護に関して新規ウィンドウを表示」をご覧ください。