ページの本文へ

受注入力を効率化しミス対策するHi-PerBT KIT3の活用方法

販売管理システムに受注入力する際には、(1)入力ミス、(2)聞取りミス、(3)受取りミス、(4)受注ミスといった4つのミスが発生します。そこでこの資料では、このようなミスをHi-PerBT KIT3でどのように対策できるのか?についてご紹介しています。

入力
ミス
FAXや手書きの注文書の情報をもとに、商品名・型番・数量・納期などを販売管理システムに登録する際に発生するご入力
受取りミス 電話で注文を受ける際に商品名や型名など、聞き取り間違いによるミス
前回と同じ内容で~、あのとき納品して貰った商品と同じものを~など、
手書き注文書や電話注文の際の曖昧な表現による受取りミス
紐づけミス 伝票入力時の商品と商品コードの紐づきミス、得意先と納品先の紐づけミス
出荷時の伝票と現物の紐づけミス、請求時の得意先と請求先の紐づけミス
受注
ミス
与信限度額オーバーなど、そもそも受けてはいけない注文を受けてしまったミス

主な目次

1.よくある受注入力の4つのミス
(ア)入力ミスとは?
(イ)聞取りミスとは?
(ウ)受取りミスとは?
(エ)受注ミスとは?
2.ミスを抑止するHi-PerBT KIT3の対策手法
(ア)Hi-PerBT KIT3の製品概要
(イ)Hi-PerBT KIT3の受注入力機能について
(ウ)Hi-PerBT KIT3で受注入力の入力ミスに対処できる理由
 a.マスタ管理による対処
 b.入力方法による対処
 c.入力チェックによる対処
(エ)AI-OCRによる受注入力の効率化について

資料イメージ

この資料のお申し込みは下記よりお願いします

※フォーム入力後、Webブラウザーにダウンロードページが表示されますので、そちらより資料をダウンロードください。
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮ください。

(250文字程度)

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせの対応、お客さまへの商品情報のご提供、ご案内のために利用します。
また、当社はあらかじめお客さまの同意を得ないで、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。
本内容に同意していただける場合は「確認ページへ進む」ボタンをクリックして、確認ページへ進んでください。

・個人情報のご提供はご本人さまの任意ですが、ご提供されない場合は、お問い合わせに回答できない場合や、正確に回答できない場合があります。
・当フォームに関する個人情報の保護管理者:株式会社日立ソリューションズ西日本

なお、上記内容に同意していただけない場合には、本フォームを利用してのお問い合わせはできません。

当社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「株式会社日立ソリューションズ西日本 個人情報保護に関して新規ウィンドウを表示」をご覧ください。